Web制作業界の役職名と役割・仕事内容について

Web制作業界の役職名と役割・仕事内容について

Web制作業界では、Webデザイナーだけではなくいろいろな役職の人が活躍しています。Web制作会社で求められるのは、個人プレーの仕事ではなくチームプレーです。それぞれの役職の人の役割と仕事内容を把握してこそ、チームの中で力を発揮出来るようになるはずです。それでは、各役職についてご紹介していきます。

1.Webデザイナー

Webデザイナー

Webデザイナーは、クライアントの要望に従ってWebサイトをデザインする仕事です。ユーザビリティを考慮した上で機能的で使いやすいWebデザイン力が求められます。Webページをデザインするだけではなく一般的にはコーディングまでをWebデザイナーが担当します。

Webデザイナーに必要なスキル

  • Webデザイン力
  • HTML+CSSコーディング
  • WordPressカスタマイズ
  • コミュニケーション能力

Webデザイナーに必要なソフト

  • Photoshop
  • illustrator
  • Dreamweaver
  • WordPress

2.Webコーダー

Webコーダー

大手の制作会社なとでは、完全分業の体制をとっているところが多くコーディングを専門とするWebコーダーという役職があります。

WebコーダーはWebデザイナーが作成したデザインデータを元にHTML+CSSでコーディングを行ないホームページにしていきます。

Webコーダーに必要なスキル

  • HTML+CSS
  • JavaScript
  • jQuery
  • WordPressカスタマイズ
  • コミュニケーション能力

Webコーダーに必要なソフト

  • dreamweaver
  • WordPress

3.Webディレクター

Webディレクター

Webディレクターは、Webデザイナー・Webコーダーなどプロジェクトに関わる人全員を取りまとめて、プロジェクトをスムーズに進行していく仕事になります。クライアントとのやりとりを行なったり、制作のスケジューリングを行なったりと、高いコミュニケーション能力が求められる仕事でもあります。

Webディレクターが求められるスキル

  • 高いコミュニケーション能力
  • Web制作に精通している。
  • 計算力・スケジュール力
  • Web制作の実務経験

4.クリエイティブディレクター

クリエイティブディレクター

大手の制作会社の中では、Webディレクターをさらに分業している所が多くその中でも、制作のテクニカル面・技術的な部分をメインにディレクションするのが、クリエイティブディレクターです。

クライアントの要望に応じて企画から制作までのテクニカルな機能面をトータル的に監督します。

クリエイティブディレクターに求められるスキル

  • 高いコミュニケーション能力
  • Web制作の実務経験
  • Webに精通している事
  • 情報収集力

5.アートディレクター

アートディレクター

アートディレクターは、Web制作において、Webサイトのデザインや視覚的な部分を監督する役割があります。クライアントの要望を詳しく聞き、Webデザイナーと密にコミュニケーションを取りながらデザインを作り込んでいく仕事です。

アートディレクターに求められるスキル

  • Web制作の実務経験
  • 客観的に物事を見る力
  • デザイン力
  • 高いコミュニケーション能力
  • プレゼンテーション能力
  • 情報収集力

6.Webプランナー

Webプランナー

Webプランナーは、レイアウト・ボタンの位置・配色・コンテンツ内容などWebサイトをトータル的にプランニングしていく仕事です。ワイヤーフレームなどを作成してWebデザイナーへ渡し、プロジェクトを円滑に進める役割があります。いろいろなアイデアを出し可視化する力が求められる仕事です。

Webプランナーに必要なスキル

  • Web制作の実務経験
  • いろいろなサイトの機能やレイアウトをチェックするインプット力
  • ユーザビリティの理解
  • 高いコミュニケーション能力

7.コピーライター

コピーライター

コピーライターのは、コンテンツの核となる文章を書き起こす仕事です。Webサイトは基本的に文字ベースで成り立っていますので、コピーの良し悪しでそのサイトの質が9割決まると言っても過言ではありません。

またWebコピーライティングは、SEOに直接関係しますので、最近ではSEOの知識を持ったコピーライターが現場では特に必要とされています。

コピーライターに必要なスキル

  • SEOの知識
  • 日本語の正しい文法を理解している
  • インプット力
  • コミュニケーション能力

8.Webプログラマー

Webプログラマー

Webプログラマーは、Webサイトのシステムをプログラミングして構築する仕事です。制作の中で最も高い技術力が求められます。

プログラマーに必要なスキル

  • phpが一般的
  • MySQL
  • 高いコミュニケーション能力

9.まとめ

今回は、Web制作会社の役職と役割についてご紹介させていただきました。どの役職も一つだけ共通して言えることは、Webデザイナーの実務経験があればとにかく強いという事です。

Webデザイナーとして数年間勤務した人は、後にアートディレクター・クリエイティブディレクター・Webディレクター・プランナーに役職を変える事が出来ます。まずはWebデザイナーとして実務経験を積む事が出来れば、Web業界では間違いなく仕事の幅が広がるのです。

これからWeb制作業界を目指すなら、まずはWebデザイナーとしてWebの仕組みからデザインまでを、仕事を通して学ばれる事をおすすめします。

今後のあなたのキャリアプランニングにこちらの記事がお役立ていただければ幸いです。

“Web制作業界の役職名と役割・仕事内容について” への1件のコメント

  1. […] 「Web制作業界の役職名と役割・仕事内容について」にも詳しくまとめていますので参考にして下さい。 […]

コメントを残す

Photoshop本で挫折した方必見!! Webデザイナーに必須のPhotoshop力がたった7日で身につく動画講座

STACK DESIGN

一生涯使える人気のスキル!Photoshopを使ったデザイン力がたったの7日間で身につくオンライン動画講座。すべて無料で受講出来ますので、この機会にぜひご活用下さい。

  • デザイナー歴13年のプロが、デザインする時に使うテクニックのみを厳選してわかりやすくご紹介。無駄なテクニックはすべて排除。
  • デザインにかかる作業時間を10倍スピードアップさせるショートカットキーをご紹介。
  • あなたのわからないを現役デザイナーがすべて解決!解決するまで質問し放題です。
  • PC・スマホ・タブレット対応。学校、カフェ、通勤、通学あなたがどこにいても動画で学習出来ます。