Webデザイン力をアップさせる為の雑誌活用方法

Webデザイン力をアップさせる為の雑誌活用方法

あなたはWebデザイン力をアップする為に普段どのような練習を行っていますか?

私は「Webデザイン力をアップさせる為にはどうすればいいですか?」と聞かれた場合、雑誌を活用して下さいと必ずお伝えしています。

それはなぜか、雑誌はWebと同じ文字・写真から構成されているので、雑誌のデザインを学ぶ事でWebデザインにそのまま活かせるからです。

今回は、Webデザイン力を向上させる為の雑誌活用法について解説していきたいと思いますので是非参考にして下さい。

1.写真力が身につく

写真力が身につく

雑誌にはたくさんの写真が使用されています。表紙を飾るダイナミックな写真、各ページにある商品・風景・人物の写真、広告の洗練された写真など、雑誌にはたくさんの写真が使用されています。

雑誌のデザインでは、写真が他の要素に負けないように考えてレイアウトされていて、写真がそのページできちん引き立つようにデザインされているので、雑誌のページをめくるだけでも写真の使い方などを勉強する事が出来ます。

POINT:雑誌を実際に手にとって、写真のサイズ・配置・色などに注目して写真の使い方を研究し、写真力をアップしましょう

2.タイポグラフィー(文字デザイン)が学べる

タイポグラフィーについて学べる

雑誌の見出しなどに使われている文字は、読者にとって読みやすいようにデザインされています。その為、印刷の世界のタイポグラフィー(文字デザイン)はそのままWebで活用する事が出来ます。

どのようなフォントが見やすいのか、見出しはどれくらいの文字サイズを使うべきか、どのようなフォントが流行っているのかすべて雑誌が教えてくれます。

POINT:雑誌は文字が読みやすいように考え抜かれてレイアウトされています。雑誌を読む時には、文字に注目して、強調の仕方、フォント、サイズ、カラーなどを勉強してみましょう

3.カーニング(文字ツメ)が学べる

カーニング前とカーニング後の文字

雑誌に使われている文字は読者にとってストレスなく読みやすいように完璧にカーニング(文字ツメ)が施されています。

Webデザインを行う時にも入力した文字には必ずカーニング(文字ツメ)をする必要がありますので、雑誌をカーニングの教科書として活用し、練習してみましょう。

POINT:Photoshopなどで実際にテキストを入力して、雑誌を参考にしながら文字ツメの練習をしてみましょう。なぜこの文字は読みやすいのか?問いかけながら雑誌をチェックしてみて下さい。

4.レイアウトデザインを見て学ぶ

レイアウトデザインを見て学ぶ

雑誌はたくさんの情報が整理されていて、すべての情報がそれぞれのページに収まるように計算した上でデザインされています。

Webページの場合は、縦にスクロールすれば情報を無限に増やす事が出来ますが、雑誌の場合は修正・追加が出来ない為、Webよりもさらに厳しいルールでレイアウトデザインが組んであるのです。

その為、雑誌の各ページをめくるだけでもレイアウトデザイン・文字組みなどについて新たな発見があり、たくさんの事を学ぶ事が出来るでしょう。

POINT:綺麗に見えるレイアウトの共通点を探して見ましょう。レイアウトに注目して雑誌を見るだけでもデザインの基本を学ぶ事が出来ます。

5.配色・色の組み合わせを学べる

配色・色の組み合わせを学べる

表紙は雑誌をお客さんに買ってもらいやすいように色なども考えてデザインされていますし、中面の広告は読者の目を引くようにデザインされています。それらのページをパラパラめくるだけでも色の使い方・配色などを学ぶ事が出来ます。

POINT:どのような配色が目を引くのか、どのような色の組み合わせが文字が読みやすいのかなどいろいろな仮説立てて雑誌をチェックしてみましょう。

6.デザインルールを学べる

デザインルールを学べる

雑誌のデザイン(エディトリアルデザイン)の世界には素晴らしいデザインルールがありますので、それらを習得してwebデザインに活かす事が可能です。

6-1.キーラインがあるから美しいデザインに見える

印刷の世界にはキーラインという概念があります。これは印刷物の中の文字・テキストなどを、どこに揃えて表示させるかという事です。

各要素がキーラインに揃っている事により、デザインが美しく見えるのです。このキーラインという概念を用いる事で、美しく見えるWebを作る事が出来るようになります。

6-2.見出しデザイン・フォントサイズが揃っている

雑誌にはWebと同じように大見出し・小見出しがありますので、どのような見出しにすると読者の目を引く事が出来るのか、各ページの見出しから共通のルールを見つけてみましょう。

6-3.マージンが揃っている

各要素と各要素の余白(マージン)を揃える事で、デザインは自然と綺麗に美しく見えます。Webデザインでも雑誌と同じようにマージンにルールを持たせる事はとても重要ですので雑誌のページを1ページ1ページチェックしながら、マージンのルールについても研究してみましょう。

7.コピーライティング力が身につく

雑誌の記事というのは、簡潔にわかりやすく書かれているので、コピーライティング力という観点でも、学ぶべき事がたくさんあります。

簡潔にわかりやすく記事を書く事が出来るテクニックは今の時代一番求められているテクニックでもあります。Googleがわかりやすく簡潔にまとめられたコンテンツそのものを評価するからです。

雑誌を読む事で、文章構成に強くなりコンテンツ作成の力を身につける事が出来ます。

7.雑誌はデザインテクニックの宝庫

雑誌はデザインテクニックの宝庫

今回ご紹介した通り雑誌にはWebデザインでも使用する以下のデザインテクニックがすべて詰まっているので、これからWebデザイナーを目指すなら雑誌を使わない手はありません。

  1. 写真力が身につく
  2. 配色・色の組み合わせを学べる
  3. 美しいタイポグラフィーがわかるようになる
  4. カーニング(文字ツメ)を学べる
  5. レイアウトデザイン力が身につく
  6. デザインルールを学べる
  7. キーラインの概念がわかる
  8. 見出しデザイン
  9. マージンの美学が身につく
  10. コピーライティング力が身につく

雑誌を読むだけでこれらのテクニックをすべて学ぶ事が出来るのです。雑誌はWebデザインテクニックの宝庫であり、最高の教材である事はお約束します。

パソコンコーナーのデザイン参考書を3,000円で買うなら雑誌を3冊買って勉強しましょう。その方がデザインについてたくさんの発見があるはずです。

自宅の雑誌・本

石原の本棚は常に雑誌だらけです笑

コメントを残す

Photoshop本で挫折した方必見!! Webデザイナーに必須のPhotoshop力がたった7日で身につく動画講座

STACK DESIGN

一生涯使える人気のスキル!Photoshopを使ったデザイン力がたったの7日間で身につくオンライン動画講座。すべて無料で受講出来ますので、この機会にぜひご活用下さい。

  • デザイナー歴13年のプロが、デザインする時に使うテクニックのみを厳選してわかりやすくご紹介。無駄なテクニックはすべて排除。
  • デザインにかかる作業時間を10倍スピードアップさせるショートカットキーをご紹介。
  • あなたのわからないを現役デザイナーがすべて解決!解決するまで質問し放題です。
  • PC・スマホ・タブレット対応。学校、カフェ、通勤、通学あなたがどこにいても動画で学習出来ます。