Photoshop 切り抜きツールの使い方と写真をリサイズする方法

Photoshopでデザインを行う場合、様々な写真を読み込んでレイアウトしていきますが、その際に必要なのが写真のリサイズ(写真サイズを変更する事)というテクニックです。写真のリサイズを行う時には、今回ご紹介するPhotoshopの切り抜きツールがとても便利です。

切り抜きツールを使う事で、大きな写真を簡単に好きなサイズに変更する事が出来るようになります。Photoshopでデザインを行う上で必須のテクニックとなりますので、ぜひこの機会に覚えて下さい。

1.写真を比率で切り抜く方法

好きな写真をPhotoshopで開き、比率で切り抜く手順をご紹介します。Photoshopで読み込んだ写真は主に比率で切り抜く事が多いので、いろいろな写真を読み込んで練習してみましょう。

1-1.切り抜きたい写真をPhotoshopに読み込みます

まずは切り抜きたい写真をPhotoshopで読み込みます

1-2.ツールボックスから切り抜きツールを選択し、オプションバーの設定を行います

切り抜きツールの設定

オプションバーをこのように1:1に設定すると写真を正方形に切り抜く事が出来ます。

1-3.写真の切り抜きたい箇所でバウンディングボックスの調整を行います

切り抜きたい箇所で調整を行います

1-4.Enterボタンを押すと正方形に写真を切り抜く事が出来ます

正方形に写真を切り抜く事が出来ました

1:1の比率で設定すると、写真を正方形に切り抜く事が出来ました。その他にも様々な比率を設定して、いろいろなサイズで写真を切り抜いてみましょう。

2.好きなサイズで写真を切り抜きたい場合

写真を好きなサイズで切り抜きたい場合は、オプションバーの比率の設定を空にした状態で写真のバウンディングボックスを調整する事で、写真を好きなサイズに切り抜く事が出来ます。

2-1.オプションバーの比率の数値を空にします

好きなサイズで写真を切り抜きたい時は、オプションバーの比率の設定を空にして下さい

2-2.バウンディングボックスを調整する

好きなサイズで切り抜きを行いたい場合

2-3.Enterキーを押していただくと写真を好きなサイズに切り抜く事が出来ます

写真を好きなサイズに切り抜く事が出来ます。

3.切り抜きツールのショートカットキー

 Windows  Mac
C C

コメントを残す