Webデザイナーに向いている人向いてない人の条件

Webデザイナーに向いている人向いてない人の条件

ここ数年でWebデザイナーは特に人気の職業となっていて、どこのWeb制作会社も高い求人倍率となっています。

Webデザイナーという職業が人気の理由は、華やかでおしゃれなイメージの職業である事、Webデザイナーの技術は一度身につける事が出来れば、将来的にずっと使う事が出来るので、手に職をつける事が出来るイメージが強いからではないでしょうか?

そんな人気の職業であるWebデザイナー・Webクリエイターの仕事ですが、実は向いている人と向いていない人に大きく分かれます。それはWebデザイナーが人気の職業である反面、実は離職率の非常に高い職業でもあるからです。

今回は、これからWebデザイナーを目指すあなたに向けてWebデザイナーとはどのような仕事なのか、向いているのはどのような人なのか、向いていないのはどのような人なのか具体的にお伝えしていきたいと思います。

Webデザイナーという職業について今一度、理解していただいた上で面接に備えていただければ幸いです。

Webデザイナーの業務内容とは?

Webデザイナーの業務内容とは?

Webデザイナーは、クライアントの要望を元にして、WebページのデザインからWebサイトの構築・コーディングまでのデザイン面・技術面をトータル的にサポートするとても重要な役割を担うポジションです。必要なスキルとして以下の技術を身につける必要があります。

  • Photoshop
  • illustrator
  • Dreamweaver
  • HTML+CSS
  • jQuery
  • Javascript
  • WordPress

入社当初は先輩デザイナーのアシスタントとして仕事をして、実際にWebサイトを作成しながら、Webデザイン・Web制作のノウハウを習得していきます。

Web制作現場で働くWebデザイナーの詳しい仕事内容については「Web制作現場で働くプロのWebデザイナーの仕事内容とは?」にて解説しております。

Webデザイナーの離職率が高い理由とは?

Webデザイナーはなぜ離職率が高いのか?

Webデザイナーは、人気の職業なのですが、なぜ求人広告が無くならないのでしょうか?それは離職率が非常に高いからです。

Webデザイナーは人気の職業であるにも関わらず、なぜ離職率が高いのでしょうか?

それは2つの理由に分かれます。

  • 1つ目は、Webデザイナーという職業のおしゃれで華やかなイメージに憧れて入社したものの、実際に働いてみると、長時間の勤務と、難しすぎるWeb制作の内容に心も体も耐えきれなくなり、自分には向いていないと思い込んで辞めてしまう人。
  • 2つ目は、Web制作のスキルと知識を身につけ、他のWeb会社に転職の為、会社を辞める人です。

Webデザイナーの離職率を高くしているのは大きく分けてこの二つの理由です。Web業界は離職率が高いですが、同時に入社する人も多いので、人材に関しては常に人が入れ替わっている特殊な業界でもあります。

離職率は高い業種なのですが、Web制作のテクニックを一度覚えてしまえば、それを武器にしてWeb業界内でどこでも就職出来るという事です。これがWebデザイナーが手に職をつける事が出来ると言われている所以です。

Webデザイナーに向いている人はズバリこんな人

Webデザイナーに向いている人とはどのような人なのでしょうか?以下の7つの項目に該当する方がWebデザイナーに向いている方だと思います。

  1. 粘り強い性格の人
  2. 感受性の豊かな人
  3. 客観視が出来る人
  4. お客さんの悩みに共感出来る人
  5. パソコンを触るのが好きな人
  6. 問題解決力がある人
  7. コミュニケーション能力がある人

Webデザイナーに向いている人は、まず第一にお客さんの立場に立つ事が出来ます。そしてお客さんの求めているデザインをコミュニケーションを通して形にする事が出来ます。

感受性が豊かでいろいろなモノ・コトから吸収する事が出来る人なので、上達もスキルアップも早く、どんどん良いデザインを生み出していきます。

Webデザイナーに向いていない・不向きなのはこんな人

それでは反対にWebデザイナーに向いていない人はどのような人でしょうか?以下の4つの項目に該当する人はWebデザイナーには向いていない可能性が高いです。

  1. 飽きっぽい人
  2. コミュニケーションが苦手な人
  3. アートとデザインを履き違えている人
  4. そもそもデスクワークが苦手な人
  5. 問題が起こった時、解決せず後回しにする人

Webデザイナーという職業は、問題解決業と言っても過言ではありません。プログラムが動かないとか、デザインをもう一度始めから作り直さないといけないとか、修正したのに反映されないなど、様々な問題が波のように押し寄せて来ます。それらの問題に一つ一つ対処していかなければなりません。

問題解決の時に必ず必要とされるのがコミュニケーション能力です。問題が発生した時、職場のスタッフ、上司、クライアントなどとコミュニケーションをとって問題の解決に努める必要があるのです。これからWebデザイナーを目指すには、コミュニケーション能力と問題解決力を身につける事が必須といえるでしょう。

まとめ

Webデザイナーは想像しているよりも、かなり過酷で大変な職業です。大変だからこそ、Webデザイナーに向いている方、向いていない方の条件をこちらの記事でご紹介させていただいた次第です。

しかし、Webデザイナーという職業は、必要なスキルを一度習得してしまえばホームページを自由自在に作る事が出来るようになります。Webのスキルは一度身につける事が出来れば一生モノ。今の時代はどこに行ってもインターネットを使いますからホームページを必要としている会社や人がいるだけWeb制作の仕事があるのです。

これはすごい事だと思いませんか?

Webデザイナーになって仕事が辛いな、辞めたいなと思ってしまった時、「今自分は一生使えるスキルを身につけている最中なんだ」「お金をもらえて、貴重なスキルを学ばせてもらえている」という事を必ず思い出して下さい。そう考える事が出来れば、どんな壁でも乗り越える事が出来るはずです。

辛い時期を乗り越えた時、あの時辞めずに頑張っていて本当に良かったなと思える日が必ず来ます。一度Webデザイナーになって、すぐに辞めてしまうのは本当に勿体無い事です。

Web制作は実務を通してしか経験出来ない事もたくさんありますので、出来たら最低でも現場で二年間勤務される事をおすすめしています。

そして、仕事を通してたくさんのスキルや知識を確実に身につけていただき、あなたがWeb制作現場の第一線で活躍される事を心から期待しています。

コメントを残す

Photoshop本で挫折した方必見!! Webデザイナーに必須のPhotoshop力がたった7日で身につく動画講座

STACK DESIGN

一生涯使える人気のスキル!Photoshopを使ったデザイン力がたったの7日間で身につくオンライン動画講座。すべて無料で受講出来ますので、この機会にぜひご活用下さい。

  • デザイナー歴13年のプロが、デザインする時に使うテクニックのみを厳選してわかりやすくご紹介。無駄なテクニックはすべて排除。
  • デザインにかかる作業時間を10倍スピードアップさせるショートカットキーをご紹介。
  • あなたのわからないを現役デザイナーがすべて解決!解決するまで質問し放題です。
  • PC・スマホ・タブレット対応。学校、カフェ、通勤、通学あなたがどこにいても動画で学習出来ます。